中古車を査定する時に評価する箇所

中古車を買取してもらう時には査定をしてもらいます。

その時には乗っている時の修理履歴等を聞かれることがありますが、基本的には査定の担当者が実際に車を見て査定します。

過去に自動車事故をおこして修理をしている履歴があれば査定に響き、低くなる傾向にあります。その事故の状況にもよりますが、見た目に傷ついた部分は修理できているものの、例えば骨格が歪んでいるために、将来的に故障や破損が発生する可能性も秘めているということもあり得ます。そのため事故の履歴やその事故の大きさや修理具合も重要になります。

また自動車の外装や内装は勿論ですが、車体の裏の状況も重要で擦れていたり、または錆びていたりする場合には修理が必要になり評価が下がります。



すれて将来的に穴があいたり、また錆が広がったり、錆びた部分からオイルが漏れてきたりする可能性が高まります。

そのため見えない部分もきちんと評価されます。

外装は細かい傷がないか、また傷を修理した跡が逆に目立っていたりする場合もあるため、光を当てながら光沢具合等を丹念に見ます。
また内装もいろいろと装備がついていると評価が高くなる傾向にあります。

中古車に今、注目が集まっています。

このように評価も高くなるものもあれば、評価が下がるものもあり、下がるものについてはその修理代を見込んで金額が算出されるため、考えているよりも低くなることが多いです。

最近話題のNAVERまとめの情報はココで集まります。

また中古車本体の部分の致命的な歪みがあった場合には、相当な金額の低下となったり、また買い取った中古車店の方で販売するにも耐えられないと考えた場合には、その部品代の価値の評価としての査定になることも多いです。